南イタリアクルーズから帰ってきました。
また、そのことは後日、ゆっくりと……。

さて、フジテレビ系列で「ロック ~わんこの島~」の映画が始まりました。
GW前、「島でね、船で行く取材でね、犬の話だからね、一緒に行こうね」と
幼なじみの編集者がとても自然に誘ってくれるので、素直に「うん!」と返事をして
三宅島に向かいました。

約8年前、東京都の仕事で伊豆七島に、ジェットフォイル、フェリー、
飛行機、ヘリコプターとあらゆる手段で、取材に行って島紹介のムックを
作ったのですが、当時、三宅島は噴火で全島避難中。立ち入り禁止でした。
これは伊豆七島をコンプリートするまたとないチャンス!

夜22時に出るフェリーで約6時間。三宅島に早朝到着。
ロックという犬を飼っていた民宿夕景のご主人が迎えに来てくれていました。

ロックは雑種の白い犬ですが、4年半にわたる全島避難を体験し、
島に戻ってきてからは、飼い主や島ののんびりムードの中、
首輪もリードも付けずに、島をてくてく歩き、行きつけのスーパーや
レストランでご飯をもらったり、観光協会に応援に行ったりした
島の人から愛された“のら犬系”の犬でした。
(のら犬写真家を目指す私としては興味津々!)

フジテレビの目覚ましテレビ「今日のわんこ」に登場してから、
ブログも有名になり、なんと映画化が決まったのです。
残念ながら本物のロックは昨年の夏に、撮影を見ずして亡くなり、
私たちは本物ロックの足跡をたどりながら、
映画のオフィシャルブックの取材を始めたのでした。

(映画の内容に加え、三宅島の魅力や本物ロックの様子、
そして目覚ましテレビに出たロックのDVD付きという豪華版の本が
絶賛発売になりました~。犬好き、島好きの方、よろしければぜひ~)

ところで、本物のロックですが、
ふうてんの寅さんみたいな、あまり家に帰ってこない、
そして、行きつけの所にも、ひょっこり現れるロックなので
「死んだ気がしない。また戻ってくる気がする」と島民のみなさんが
口を揃え、ロックに愛情たっぷり。

ふうてんの犬さんの割には、人間くさい瞳で、犬好きなら
ころっと心奪われてしまう犬だったことは生前の写真や島民、飼い主の方の
お話からすごくよく分かります。

映画はある程度脚色され、子供でも観やすいものになっています。
(映画は内容というよりも、当時、あまり深く考えなかった三宅島の
噴火が、島民の方の生活や人生にどれだけ負担をかけたか知ることができます)

全島避難が解除になってまだ7年。火山灰や火山ガスと戦いながら、
ライフラインや生活ベースを築くので精一杯ですが、
火山の島が作り上げた美しい島の形や海(ダイビングのナイススポット!)があり、
観光業の復興もじょじょに進んでいくでしょう。

私ものら犬系ロックのかわいさにすっかりやられてしまい、
ロック&三宅島を少しでも応援したいと、友人の手を借り、
自分も内職して、この夏、再び三宅島に行く予定です。

映画を観た方も観てない方も、ぜひこのオフィシャルブックを手に
のら犬ロックが歩いた三宅島を訪ねてみてください~。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.