や~、夏休みはいいですね~。

かれこれ、3ヶ月夏休みを堪能してマス。ヨーロッパ人を超えています。

(最低限のお仕事はしていますが、だいぶ大人になった犬の足袋くん

私の労働意欲を思い切り奪っていきます。犬と同じ状態で生きています)。

 

お盆といえば、墓守担当のわたくし、長崎に帰らなくてはいけません。

今回は足袋君も同行してみました(足袋君のブログのほうに心痛む体験記あり)。

今回泊まったホテル長崎からの夜景

今回泊まったホテル長崎からの夜景

足袋くんが粗相をしてしまうので、今回はホテルに泊まってみました。
去年は稲佐山側の「ガーデンテラス長崎」というナイスなホテルに泊まりましたが、
今年は幼獣・足袋くんを泊めてくれるならどこでも構いません!という低姿勢。
 
長崎市内にペットが泊まれるホテルは2軒しかありませんでした。。。
ホテルフリークのわたくしはこれからを考えるとドキドキしますわね。
(でも、フォーシーズンの東京丸の内に、犬の誕生日で泊まったという
恐ろしいブログがありましゅた。。すごい誕生日会です)
 
それはさておき、お盆のミッションは
長崎から2時間のジェットフォイルに乗って、祖先のお墓がある五島へ
母上の同行をするのが役目です。
父上がお留守番で自宅でご先祖様の霊をお迎えして、
母上がお墓参りというパターンがここ20年ほど続いてます。
相変わらず灯篭や爆竹や人でにぎやかな長崎のお墓

灯篭や爆竹や人でにぎやかな長崎のお墓

お盆の3日目、思いつきで行ってみた福江の大瀬崎灯台は、

9月に公開予定の、妻夫木聡さん・深津絵里さん主演、

映画「悪人」のロケがあったそうです。

飛行機にある機内誌に吉田修一さんが

エッセイに書いてあったのをおぼろげに読んだのでした。

行った後に「ここだったのかな」とぼんやり。灯台はいっぱいありますし。

しかし、こんなところまでロケに来るなんてすごいです。おつかれさまです。。。

確かに絶景。実際の灯台まではすごい道のりなのだそうです。。。

大瀬崎灯台(五島市福江)

海が青いです、大瀬崎灯台(五島市福江)

五島での楽しみはですね、お墓での花火もありますが、

なんといっても、泊まっているホテル「上乃屋」の夕ご飯です。

普通の食事の3回分くらいのおかずが出てきます。

至上最強のホテルごはん!

至上最強のホテルごはん!

うれしくておいしいけれど、最後は「許して~」と思いながら残してしまいます。

作っている人はきっとそれを見て、にやにやしてるかもしれません。。。

 

今回は叔父の初盆だったので、長崎市内で精霊船を引きたかったのですが

さすがに母を残して帰るわけにもいかず。

左が車の部分で右が屋根の部分

左が車の部分で右が屋根の部分

叔父の家を12日の日に訪ねたら、従兄弟のお兄ちゃんが2部屋つぶして、

精霊船を作っていました。設計図などなし。手作りキットなどもありません。

故人を思いながら、各家が思い思いの精霊船を作るのです。

 

そういえば、さだまさしさんがお父様の船を引いてらっしゃいましたね。

あの静かな「精霊流し」の曲で、みな精霊流しが静かなものだと思っていますが

とんでもありません。爆竹とドラの音ですごいことになるのです。

画像は去年のです。精霊船

画像は去年のです。精霊船

お盆が終わった16日に五島から長崎に戻って、その日に東京へ。。。

朝、長崎に戻ってお昼ごはんにまた港を歩いていたら、

「長崎港周遊ヨット」という看板を見つけました。

乗らずに帰るわけがありません。レストランの目の前から乗れるんですよ。

足袋くん初ヨット

足袋くん初ヨット

足袋くんにとっては、初タクシー、初飛行機、初バス、初ジェットフォイル、

初フェリー、そして初ヨット。彼も大人になりました。

 

12日には長崎港に憧れの客船「シーボーン・プライド」が泊まっていたし、

この16日には写真の「レジェンド・オブ・ザ・シーズ」がいました。

両方とも外国の客船です。

レジェンド・オブ・ザ・シーズ

アジアクルーズをしてるレジェンド・オブ・ザ・シーズ

今回、本当は母上のお友達のSご夫婦がお持ちのヨットで長崎をめぐって

くださる予定だったのですが、台風直後であきらめたのでした。

 

しかし、ヨットの話を聞いていると、長崎はヨットがあると、10倍くらい楽しい感じです。

タンカーやらフェリーやら客船やらタグボートが行き交う長崎港を、

ヨットでうろうろできて、そのまま中心街にいけるのは日本の港でもあまりないそうです。

長崎ではこぢんまりと一部で生きてきましたが、もったいなーい!

陸も海ものびのび遊べるとよさそうです。

と、気持ちは引き続き夏休みです。。。。。すみません。。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

You must be logged in to post a comment.