» 2010 » 7月のブログ記事

今日のワールドカップはオランダとブラジル!

ブラジルの選手の足はマグネットみたいで
ボールが足にくっついている~。

と、前半を観た後に、ブラジルTシャツを着て
気分を盛り上げてみた。足袋くんも一緒に応援するなりよ。

ブラジルのユニフォームを着て応援!

ブラジルのユニフォームを着て応援!

すると、後半負け初めてしまいました。
ご、ごめんね。勝負事には弱いんですよ~、私。
じゃんけんも絶対負けるもんね。

でもね、本当はオランダを応援していたのだ。
この前アムステルダムに行った時も
サッカー・パブの前でしっかり応援してきたし。
オレンジ集団がんばれ~。

オランダのサポーターのみなさんと!

オランダのサポーターのみなさんと!

とまあ、よくわからない応援ですが、
長崎っ子ですから、すばらしいプレーが観れれば
どんな国のプレイでも感動しちゃうんでする。

あぁ、掃除も放浪記の総括もできないまま、
余計なことばかりやっています。。。

ボクのほうが大きいです(いじっぱり)

ボクのほうが大きいです(いじっぱり)

4女のわたくし、一番上の姉とは一回り、12歳違いです。
その姉は、「高校から一人上京して薬剤師になった娘と、
親子としてもう少し一緒に過ごしたい」と

今年の3月に長崎から
埼玉の病院に勤務先を移して生活を始めました。

私も慌ただしくてお正月などに会えるくらいの姉でしたが、
昨日は新宿のライブハウスの帰りに我が家に泊まることに。

夜はサッカーを観て、遅めに寝て、

今日は姉は「研究日」とやらでお休み日らしいです。
というわけで、珍しくというか、人生初めて姉妹でのんびり。

ブランチを食べながらおしゃべりして、犬OKのカフェに行き、
ついには、仕事が終わった姪っ子まで参加。
犬の足袋ちゃんも加わりながらにぎやかにごはんです。

 

というわけで、私のスーツケースはまだ開けてなく、震度9の
地震の起きている部屋の片づけも進みませんが、
女医として迷いながらもあれこれ寄り道したり、冒険しながら
生きている姉とちょっと語らう24時間。
(精神科病棟とか、原爆症患者さんの科とか、いつも壮絶な現場にいるのに、
普段はおっとりキャピキャピしていて不思議な姉ですが、
西川史子先生の先輩なので、ま、流れは似ているというか)

残念なことにみんなで長崎に帰って、藤原内科医院を再オープンしようとか
いう話にはならず、まったりトークで姉との1日が終わったのでした。

家族も近くなる今日このごろ。実家から切るのも大変なスイカが到着。

みんなでスイカをいただきました。
お母様、いつもありがとう!

嘘です。でかいです、スイカくん

嘘です。でかいです、スイカくん